“鐘の音”をらしく弾くには

さあて。
ナイトズーでボサノバ。

も終わったことだし。


本腰を入れて

ミューズサロンの講座
『"鐘の音"をらしく弾くには』

にとりかから、ないとズー

などと

OG(親父ギャグ)を
ゆうちょうにとばす

矢橋先生。

それよりも!
すこしは解説してください!!!

えーと、



ペルナンブーコの『鐘の音』は
クラシックギターの名曲として
よく知られていますが、
ブラジル起源の
ショーロのリズムが
もとになっています。
この流れはボサノバにも
つながっていきますから
ボサノバギターを弾く方も必聴、
かも、しれません、ひょっとして。

こんな感じ…(←おそるおそる…)?


、、、アイタタ。

ズーで本腰入れて
ギターを弾きすぎたようです。

背骨がちょっとおつかれ。

なので

このつづきは
ミューズ音楽館で。


↓↓↓

2017年8月26日(土)
ミューズ音楽館 サロン講座 
「“鐘の音”をらしく弾くには」
講 師 矢橋 幸男


クラシックギター曲としてよく知られる、
ペルナンブーコの『鐘の音』。
題名にまつわる謎解きからはじまり、
ショーロのわかりやすいリズム解説と
楽曲への取り入れ方を講義いたします。
希望者はギター持参可能です。

ご予約はミューズ音楽館へ。
http://www.muse-ongakukan.com/saloon/saloon_info
♪♪♪~♪♪♪





🍋クラシックからボサノバまで🍋

矢橋幸男ギター・ウクレレ教室
名古屋市昭和区吹上町2-17
(地下鉄吹上駅4番、御器所駅7番出口)
(駐車場あり)
メールyahashiyukio@yahoo.co.jp
でんわ052-710-4340

🍋 無料 体験レッスン 受付中 🍋







関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)