第15回発表会レポート


2015年10月11日に行われた
ギター・ウクレレ教室発表会。

今回はほとんどの生徒さんが、
ギターあるいは
ウクレレのソロ(独奏)と、
先生とのデュオ(二重奏)の
両方で発表されるという、
ほんとうに
ギター・ウクレレ教室らしい!
そしてヴォリュームのある
発表会となりました。


いつもびっくりパフォーマンスを
見せてくださるTさん。今年は、
ジャズウクレレ真っ向勝負!
それでも、あふれ出てしまう
個性的なリズムが素敵です。


難曲に挑戦されるNさん。
ご自分のペースで弾ききります。
簡単そうにみえて、
なかなか出来ないことです。


ブルース調のギターが
いつも格好良いEさんが、
初めて弾き語りでも参加。
口笛のように風通しの良い歌。
少しずつ、
弾き語りの方も増えてきました!



弾くことだけでなく、
見せかたなども含めた
パフォーマンス全体を
考えられているMさんの演奏。
とても大切なことですね!



おお!真打ち?10弦ギターです。
手に入れてまだ一か月とのこと。
今日はお披露目も兼ねて?
特別に参加していただきました。


可愛らしい少女だったMさんも、
すっかり大人に。
曲に合わせたアラビア風の衣装が
よくお似合いです。
そして何より演奏が、
もうすでに女王様の風格なのです。


ギターを持って数カ月
とは思えないほどしっかりとした
演奏をしてくださったYさん。
曲の途中でこんな場面も。
「先生、何か…おかしくないでしょうか?」
「‼︎あれ、ごめん⁇楽譜の順番がちがう…!」
会場は笑いに包まれて、
最初から演奏し直しに。
生徒さんに、何度となく、
弾き直しは3度までいいよ
(だから安心して挑んでね)、
と言っていた先生。
御自ら手本を見せてくださったのかも?

それにしても、
今回はたくさんの方が、
先生とのデュオを希望してくださり、
うれしい悲鳴をあげながら
司会に演奏に、先生も暗躍!

そして打ち上げが始まっても、
まだまだ演奏は終わりません。
酔いがほどよくまわり、
お腹も満たされてくると、
ひとりまたひとり、とステージへ。


わざわざ神戸から来てくださった
Kさん。お若くみえて、
なんと第0回(プレ)発表会に参加の
大先輩なのです。


鍵盤ハーモニカも弾かれるSさん。
ギター・ウクレレ以外の楽器でも
アコースティックであれば発表OK、
も矢橋教室発表会の特徴です。

『先生、ギター伴奏をお願いしても?』
『いや、すっかり呑みすぎて』
『では、僕がサポートします!』
演奏は当面終わりそうにありません…♩♫♬♪
スポンサーサイト